沖縄県立中部農林高等学校定時制

校長あいさつ

校長あいさつ 

中部農林高校(定時制課程)ホームページにようこそ。心より歓迎いたします。

 本校は、昭和21年1月に沖縄文教学校農学部として創立され、同年4月の学制改革により沖縄県立中部農林高等学校として独立。以来、地域のニーズや時代の変化に対応した学校づくりが進められ、今年で創立71年目を迎える歴史と伝統ある高等学校です。

 定時制課程(農業科)は、昭和34年に設置され、校訓「不撓不屈」のもと、これまでに1,180余名の卒業生が各界・各層で活躍をしております。

 現在は昼間は仕事をしながら頑張っている人や、これまで学校になかなか一歩を踏み出せなかった人、家庭の事情から長い間学校に行けなかった人など様々な経歴を持つ生徒の皆さんが、座学や体育、農業実習に生徒会活動、そして部活動と学びの場を共にしながら活き活きと学校生活を送っています。

 その皆さんが共に過ごす時間は、互いに刺激があり、励まし助け合うことで絆が生まれ、4年間頑張りとおす強い気持ちに繋がっています。本校の生徒は、そういう中で一人一人が一生懸命努力しに頑張っています。

 また、先生方はアットホームな雰囲気で個性豊かな生徒一人一人と真摯に向き合い、関わりを深くしながら、「確かな知識と技術が自信へとつながる」を合い言葉に、基礎・基本の徹底と「挑戦」する意識・意欲を高め、少しでも夢実現に近づくよう、一致団結して支援体制を築いています。

 定時制課程における学びに興味を持つ中学3年生をも皆さん、百聞は見学に如かずです。是非一度見学に来て下さい。

 今回、数年ぶりにホームページを新しくしました。今後もホームページを通じて生徒の活躍を含め、幅広い情報発信に努めて参りますので、定時制へのご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

                      平成29年8月

                      沖縄県立中部農林高等学校(定時制)

                      校 長 与那嶺 国彦